Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る

日商簿記1級は「なぜ」合格ハードルと偏差値が高いのか

簿記には沢山の種類があります。
商工会議所以外にも主催している簿記検定があります。
商業高校が加盟している団体が主催している簿記検定など。

他の簿記検定と日商簿記検定の比較しても
わからなくなります。
日商簿記の盲点を指摘をいただきました。
ご指摘ありがとうございます。

私と簿記の関わりについて、
日商簿記は昭和の終わりに取得したものです。

簿記には沢山種類があります。
商業高校等でも全日本など独自のものもあります。

簿記の資格取得が減少ぎみのため
あえて日商簿記一級を紹介し、
メリット、デメリットも掘り下げないといけない。

会社での3年度計画、5年度計画と、
事業年度計画書を作成するときに
簿記のスキルは外せないものとして経験しましたので、
興味のある方や若い方に広く紹介したいと思いました。

日商簿記のライセンスがありますと、
転職や昇進に役立つスキルと思ってます。

日商簿記のライセンスの価値とは「何か」、
日商簿記1級のニーズは高まっています。
会社でもライセンス所有者を雇用しなくては、

と。

やっと日商簿記2級合格して、安心したところに
会社の業務命令で日商簿記1級に合格し所有する
必要性に差し迫っています。

日商簿記の中でも一番難しいとされるライセンス
保有することで税理士の受験資格にもつながります。

税理士への受験資格は大学での商業系を
選択していれば一部免除もありますが、

日商簿記1級の受験資格は2級に合格していなくとも
受験資格はあります。

なぜ、日商簿記の受験にこだわるかといえば
昇給して役職が上に行きますと、
部全体の売上計画を立てたり、
それが10億円以上の売上る企業ですと
来年の年度計画でなく、3年後、5年後の
売上のシュミレーション計画を立てなくては
なりません。

「私は平社員ですから関係ないです」
と言っても部全体の売上による昇給やボーナスに
つながりますので役職があってもなくても
会社全体の売上と粗利益額、その中から
人経費や広告費や諸経費等の損益計算
を知る必要とその部全体を取りまとめて
粗利益をいくらにするか。

原価はいくらまで抑えることが必要です。
その中で、
昇給やボーナスの金額もアップするかダウンするか

影響しますので他人事ではないのです。
だから、
「私は平社員ですから関係ないです」
は通用しません。

材料費・労務費・経費の仕訳や
部門の意義と分類、補助部門費の配賦
単一基準配賦法と複数基準配賦法の違い
など原価など多岐に渡ります。

会社が本店のみの場合はそれほど難しくは
ないですが、支店が多数ある場合は難しく
なります。
本支店会計の基本処理、損益勘定、合併財務諸表など、
昨今のM&Aなどの企業買収などの処理
企業結合等の合併、株式交換・移転、会社分割など

企業の10年存続はわずか7%です。
企業の存続に日商簿記1級のニーズは高いものです。

データの分析や解析しながら
3年計画、5年計画
立案するためのデータとなるものが
日商簿記の1級で得たデータを基に立案されるものです。

投資関係も「商業簿記・会計学」が基になります。
その他外貨換算会計の外貨建取引、為替予約の処理
税金と税効果会計の一時差異、繰延税金資産・負債と、
キャッシュフロー計算書ほかが重要。

「工業簿記・原価計算」も例外ではないです。
個別原価計算と単純総合原価計算、
原価予測、CVP分析、最適セールス・ミックス
と聞きなれない言葉ですが
これは日商簿記1級ライセンス所有者ならこなせる
内容の一部を抜粋したものです。

 

企業の10年存続はわずか7%です

企業の存続に日商簿記1級のニーズは高いものです。

 

会社環境の資格保有と自分のライセンス保有と
スキルアップにつながります。

日商簿記2級は商業簿記と工業簿記の2つの科目、
70点以上で合格となります。

日商簿記1級は更に2科目増えて4科目となります。
4科目は商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算、
1科目40点以上、
全体で70点以上
で合格となります。

この中で、商業簿記と工業簿記は2級と同じですが
会計学と原価計算がプラスされます。

ポイントしては、
商業簿記・会計学をセットで学習をし
工業簿記・原価計算をセットした方が
難しいですがやれそうな学習方法と
言われています。

ただ、日商簿記1級の合格するためには
誰に教わるかで、あなたの努力もありますが
教える方の内容によっては、合格ラインが
大きく変わり合否のラインとなります。

7割以上が合格で、限りなく7割では
合格ラインを超えたことにはならないです。

ここでおすすめする講師は、
公認会計士の柴山政行さんです。
簿記検定講義、公認会計士育成、
企業研修、 経営コンサルティングをしている方です。

各雑誌にも掲載されていますが、
主だったところでは、
最近ではプレジデント(PRESIDENT)にて
「会計」考現学を連載されたり、
簿記検定関連の執筆と講義しています。

1級の試験範囲は多岐に及びますので、
それに対応するには、
学習のプランニング力・読解力・計算力・
処理スピードが求められます。
⇒ >> 日商簿記検定1級短期合格講座はこちら

 

おのずとビジネスの現場でも力が
身についていることになるのです。

日商簿記1級の合格証は、
それだけの能力があることを
証明しているといえます。

日商簿記1級の先には、
国家資格の税理士試験、
公認会計士試験があります。

日商簿記1級はいろんな簿記試験で
合格すれば最高峰になり、その合格証書
手にすることができれば、スキルも
最高峰のステージに入る事になるでしょう。

多くの企業は経理の専門家以外にも
簿記の知識を要求しています。

不景気の中、数字を読めないビジネスマンは
必要ないと思われているのです。

さらに、簿記1級の合格証は、
ビジネススキルとして必要な
事務処理スピードと正確性、
計算力、会計力の証明といえます。
簿記1級の学習により、
知識の幅を広げるだけでなく、
仕事の幅を広げることが可能です。

 

会社や上司に「給与を上げてください
と言っても相手にされませんが
日商簿記1級合格して、
3年度計画や5年度計画書を
作成に寄与したり、
会社が発展することに貢献すれば
自然に給与や昇進につながっていきます。

それは、経理部門でなくとも、
営業部門や間接部門など、
経理以外の部門に所属しても
日商簿記1級に合格することは
価値のあることです。

 

柴山式短期合格簿記学習法が、
あなた様の簿記1級合格の力に
日商簿記1級のライセンスをあなたの手に
掴んでみませんか。その準備はここには
揃っています。

あとはあなたの行動だけです。
ライセンスはもう直ぐ手が届くところまで
来ています。合格をさせる準備は出来ています。
必要なのはあなたの勇気と行動です。
あと一歩を踏み出してみませんか。
⇒ >> 日商簿記検定1級短期合格への行動はこちら

 

このサイトは、株式会社バレーフィールドさんの
日商簿記2級からの日商1級はなぜ合格ハードルと偏差値が高いか!
日商簿記検定1級短期合格DVD講座(4科目セット )の効果や検証など
役立つ情報を公開しているサイトです。